勃起障害を治すには休肝日を設ける自制心を

勃起障害に悩まれている方には、生活習慣が相当に乱れているケースが少なくありません。
自制心が弱い方ほど、勃起障害のリスクを高めてしまうのは事実なのです。
適量の飲酒は血行をよくしてくれますが、飲みすぎると逆効果となります。
血液がドロドロになると、ペニスの元気もなくなってしまうのです。
興奮するとペニスが元気になるのは、ペニスに骨があるからではありません。
骨など存在するはずもなく、勃起力の正体は血流の強さにあるのです。
興奮することで大量の血液が陰茎に流れることで、血液の密度が高くなって勃起するのです。
肥満・糖尿病の方に勃起障害が多いのは、血行が悪くなっているからです。
これらの症状に限らず、生活習慣病を抱えている方は生活習慣が乱れていることが多いのです。
生活習慣のバランスが乱れてしまう根本的原因には自制心の弱さもあります。

勃起障害を自覚するようになったら、最初に生活習慣を改善させましょう。
毎日飲酒をする方は、週に2日の休肝日を設定するべきです。
人体の化学工場である肝臓にも、ゆっくりと休める休日を与えてあげるべきなのです。
肝臓が元気になると、それ以外の臓器も本来の機能を取り戻してくれます。

過度の飲酒は人体にとって何のメリットもありません。
性行為前に適量のアルコールを摂取した場合、リラックス作用により積極性が高まるというメリットがあります。
しかし、飲みすぎた場合はペニスが立たなくなることもあります。
普段から大量のアルコールを摂取している方は、ペニスが立ちにくくなっているのです。
休肝日を設定するときは、2日連続が基本となります。
土曜と日曜の2日間を休肝日にすることで、肝臓に溜まった疲労を一気に解消できるのです。
土曜と水曜などと、曜日を開けてしまうよりも効果があります。