病的なことで起こる勃起障害とは

勃起障害は、インポテンスとも呼ばれ、男性器が性交で挿入できる程度に勃起できないまたはその勃起が持続できない状態を指すものです。勃起障害の明確な原因としては、男性器に流れ込む血液の量が十分でないことによって引き起こされますが、その血液の流れ込みが悪くなる原因はさまざまです。その範囲は心理的なものや加齢、生活習慣病、神経系の傷害、手術や外傷などがあります。
このうち病的な原因で起こる勃起障害としては、神経系の障害や前立腺肥大といった泌尿器科の疾患、腎不全などの病気が関連している場合があります。
神経系の障害では、性的な刺激に対して本来あるべき役割を果たさなくなることです。このうち脳に直接の原因である場合には、性欲そのものが起こらなくなるもので、脳出血、脳腫瘍、脳外傷やパーキンソン病やアルツハイマー病などが考えられます。一方で性的な刺激に対して性欲が湧いているのに対して勃起を行わない場合には、脳と末梢をつなぐ脊髄神経や末梢神経に異常がある場合などが考えられます。
一方で、前立腺肥大症や前立腺炎、精巣静脈瘤などの泌尿器科系の疾患も勃起障害の原因となる場合がありますし、また慢性腎不全や血液透析を受けている場合にはホルモンが変化するなどの理由で起こりますし、全身の動脈硬化や神経障害が進行すると勃起障害になりやすいとされます。また神経系に作用するものとして椎間板ヘルニアや脊椎腫瘍、多発性硬化症などの疾患も勃起障害の原因になると言われます。
いずれにしても、勃起障害は精神的なことでも起こるため、実際に病的な理由がないか医療機関で検査をしてもらい、その上で必要な治療を受けることで回復させることは可能です。

■勃起不全にオススメの薬
バイアグラは通販で購入できる
メガリスは安いED治療薬
■新橋の病院でシアリスを入手できます
シアリス 新橋
■アバナフィル含有の勃起障害に効果のある医薬品です
アバナ